グループウェアの持つ可能性について

グループウェアを導入する企業は数多くありますが、それをどのように活用するのかを定めているか否かによって得られるメリットは大きく異なるものとなります。

グループウェアの役割

グループウェアは、複数の人が共同に作業を行う組織などにおいて、その情報をコンピューターネットワークで共有するために特化したシステムソフトウェアです。

情報の共有を効率化できるグループウェア

企業にとって情報の共有というのは非常に重要なことのひとつですが、多くの人間が存在する会社で全員が同じ情報を共有するというのは、非常に大変なことです。

グループウェアはチームプレーに役立つツール!

例えば、小学校のお楽しみ会で、グループごとに何か出し物をするとなったとき、児童たちはホームルームの時間や放課後、教室に集まって話し合ったり、工作をしたり、練習をしたりして、その出し物を完成させていきます。個々に持ち帰って作りものをすることもありますが、そのような時は忘れてしまう人がいたり、意図したものと違うものができてしまうことも多々あります。