グループウェアでもワークフロー機能の商品がある

パソコンが一般的に普及してきた黎明期には、ワープロソフト等を利用して会議の周知を人数分作成し、総務部の担当者等が配布していたというのはもう過去のものとなりました。

今日日ではイントラネット及びインターネットを使用して、仕事のスケジュール管理をする事が当たり前のように行なわれる時代になったのです。その際に、便利に利用出来る様になったソフトウェアの代表例として、グループウェアがあります。それは、光ファイバーやADSL等の有線ケーブルで提供されたり、無線系技術の発展でモバイルパソコン・スマートフォン、あるいはタブレット端末等に対応したグループウェアも多くの業者から発売されているのが現状です。
また、ERPというグループウェアよりも高機能を求めるユーザーにおいては、企業の組織間の情報連携を可能にするワークフローというソフトウェア・パッケージを使用するケースがあります。ワークフローとは業務の流れを一元化、あるいは自動化する等の機能が装備されており、大企業等で導入されるのが一般的でした。
しかしながら、ERPパーケージは高価になりがちであり、それ程余力の無い企業には手を出しにくいという状況がありましたが、最近のグループウェアではワークフローの機能をもサポートするタイプの製品も発売されています。しかも一昔前よりも利用料金が、安価になっているのはメリットと言えるでしょう。また、ほとんどのグループウェアでは電子メール機能やチャット機能、あるいはセキュリティ対策が施されているので、インターネット経由での利用にも安心です。
パソコンが一般的に普及してきた黎明期には、ワープロソフト等を利用して会議の周知を人数分作成し、総務部の担当者等が配布していたというのはもう過去のものとなりました。今日日ではイントラネット及びインターネットを使用して、仕事のスケジュール管理をする事が当たり前のように行なわれる時代になったのです。その際に、便利に利用出来る様になったソフトウェアの代表例として、グループウェアがあります。それは、光ファイバーやADSL等の有線ケーブルで提供されたり、無線系技術の発展でモバイルパソコン・スマートフォン、あるいはタブレット端末等に対応したグループウェアも多くの業者から発売されているのが現状です。また、ERPというグループウェアよりも高機能を求めるユーザーにおいては、企業の組織間の情報連携を可能にするワークフローというソフトウェア・パッケージを使用するケースがあります。ワークフローとは業務の流れを一元化、あるいは自動化する等の機能が装備されており、大企業等で導入されるのが一般的でした。しかしながら、ERPパーケージは高価になりがちであり、それ程余力の無い企業には手を出しにくいという状況がありましたが、最近のグループウェアではワークフローの機能をもサポートするタイプの製品も発売されています。しかも一昔前よりも利用料金が、安価になっているのはメリットと言えるでしょう。また、ほとんどのグループウェアでは電子メール機能やチャット機能、あるいはセキュリティ対策が施されているので、インターネット経由での利用にも安心です。